ブログ

絶対に損をしないリフォーム

2012年4月25日

本日新聞広告を掲載いたしました。

2日前に送稿していたのですが昨日広告会社の方からご連絡があり、訂正が必要とのことでした。

以下画像ははじめに提出したものだったのですが、見出しの「絶対に」という表現が強すぎる、とのことでした。

なにしろ「強すぎる表現」や「断定的な表現」がNGだということで、急きょ訂正して本日の掲載に間にあわせました。そういうわけで、本日の広告の内容は当初からすると相当やんわりとした印象のものとなっています。

実際に使用したかった言葉ではなかったため、ちょっとぼけた表現の広告になってしまいましたが、私たちは初めの原稿に使用した言葉に絶対的な自信を持っていますのでその原稿をここに掲載しました。こう書いたからにはお客様に絶対に損をさせませんし、損をさせないだけの裏打があるから広くお客様を募るため、いわば私たちの「覚悟」として、普通の会社では極力避けるような言葉をあえて使っています。

こうやって書いてうまくいかなかったらどうしよう…逃げ道をつくっておこう…という逃げ腰姿勢からあいまいな表現を使っても、私たのことをご存じないお客様たちの心を動かすことはできないと思っています。

さらに賃貸住宅はオーナー様やそのご家族、そして入居者様と不動産会社さんなど、いろんな立場のお客さまが目にして使用するものなので、実際の価格に見合わない詐欺まがいの工事をするようなことも絶対に通用しません。誇大広告ではなく、この強い言葉は私たちの信念です。

じつは私たちのしているような工事・企画・マーケティングをトータルで提示できる会社は他に存在しません。理由は内容がとても煩雑で、工事もとても大変なので一般的な施工会社では割に合わないからです。でもその割に合わないことを敢えてしようとするのは、賃貸住宅の今の現状を変えたいからにほかなりません。収入物件であるはずのアパートが空室だらけなのも、提示されたお家賃を払っているのに入居者さんはストレスと不満を抱えているのも、私たちならば解決できるのにといつも歯がゆいおもいをしています。

私たちの会社を広く知らしめれば、たくさんのオーナー様と入居者さんと、それに関わる人たちがより快適になると信じて、情報を発信しています。理由は先述いたしました通り、ここまでのトータルサービスができる会社が他に存在しないからです。もし少しでもアパートをよくしようとおもっていらっしゃるのであれば、すぐにお電話でご相談ください。一日でも早い対策が、アパートの寿命を数年のばすことにつながります。

まずは現状をお知らせください。一緒に解決策をみつけましょう。

株式会社 賃貸住宅満室計画 0985-73-8720