ブログ

鳥さん対策~ハトの場合~

2012年5月6日

先日ツバメのことについて書きましたが、多くの入居者さんとオーナーさんの悩みの種といえば、ハト対策だと思います。私たちの会社にもハトのお悩みはけっこう寄せらていて、アミを張りにいくことがよくあります。

市販のアミなどで対策をされていても、やっぱりハトは入ってきます。まして巣があればなおさらアミをくぐってでも入ってきます。弱いアミなら破ってでも入ってきます。ハトとはそういう生き物なので、お困りの方は徹底して対策をしないと長きにわたって闘うことになります。

さて写真のハト対策でうかがったときは、一戸だけということでご相談を受けました。一戸だけの場合はベランダに数10センチ間隔でヒートンを打ち、アミを柵の下までぐるりと張ります。間仕切り板をくぐってやってくる猛者もいるので、ここにもハトスパイクを設置したりペットボトルでフタをして入ってこれないようにします。けっこう簡単に書きましたが、日光のガンガン当たるベランダでのことなので接着剤などは使用できませんから工事が必要です。お掃除も入れて2時間程度かかります。

ただここは隣が空室だったからこの対策ができたようなもので…。おそらくハトは隣に移動するだけなので、普段はあまりおすすめしません。やはり建物全体にネットを張る方が完璧なハト対策になりますし、一戸一戸対策をするより断然安くつくからです。

確かに足場を組んでネットをかける見積りを業者さんに出すと、とっても高くなる場合があります。ハトネットをかけようとしたけど高かった!という経験をお持ちの方は、見積りに足場代と特注アミ代が入っていたことと思います。私たちは足場も特注アミも使わないので、見積りを出すと「えっこの価格でほんとに大丈夫?」と言われます。結論から言うと、大丈夫です。アミをかける方法が違うだけで足場を組んでかけた時と効果は同じ。台風の時には見回りにも行きますが、ふっ飛ばされたり破れたりしたこともありません。

ハトは同じところを狙ってピンポイントでやってくるので、ハトが来るところの入居者さんは「他と同じ家賃を払っているのになんで自分だけこんなに苦労しないといけないんだ」とやりきれない気持ちになってしまいます。実際ネットをかけに行くととても喜ばれてそれまでの苦労を延々と語られる方も。あとはカンカンに怒ってらっしゃって、何度も管理会社に言ったけど全然対応してくれなかったから、こんど対応がなかったら出て言ってやろうと思ってた!とおっしゃった方もいらっしゃいます。対策のできるハトなんかで大事な入居者さんを失うことになるなんて、とても残念ですよね。それについては間にあってほんとによかったと思いました。

私たちはハト専門業者ではないのですが…効果絶大のハト対策あります。お困りの方はぜひ一度ご相談ください。