ブログ

見えないところが大変です

2012年7月1日

20120628-105411.jpg

現在居室のリノベーションと同時に建物の補修・塗り替えも同時進行しています。
この物件は築30年弱。
鉄筋が浮いてきている箇所を気にしてはいたのですが、開けてビックリ!鉄筋のサビがかなり進んでいました( ̄◇ ̄;)
コンクリートと鉄筋の劣化は、みえない水面下である時を境に加速度的に進行します。
その時期を見逃さず早めに手を打っておけば、より少ない負担で補修を完了させて、より長い間建物を健康に保つことができます。
必ずなんらかのサインは出ているはずなので、それを見逃さないよう普段からしっかり建物のチェックをしておくことが大事です。

ちなみにこの工事をするときは、表面のコンクリートをガリガリ削って鉄筋の腐食防止処理などを施し、また埋め戻して上から塗装をするという作業工程です。
まるで虫歯の治療みたいですね。
建物の劣化を予防するために、定期的なチェックをオススメします!
(写真は、削りだした鉄筋に腐食防止処理をしたところです)